知育玩具が毎月届く!米Amazonの新サービス「STEM Club」

科学、技術、工学、数学など毎月届く知育玩具

米Amazonが初めた新サービス「STEM Club」が子供たちを夢中にさせる予感がします。

STEMClubとは?

  • Science(科学)
  • Technology(技術)
  • Engineering(工学)
  • Mathematics(数学)

の頭文字を取ってSTEMと言うそうで科学、技術、工学、数学などのジャンルに
沿った知育玩具をAmazonがチョイスして毎月、子供たちの元に届けるサービスです。
費用は月額2300円で「3歳〜4歳」、「5歳〜7歳」、「8歳〜13歳」と
分かれていて子供たちにとっては毎月どんなおもちゃが届くかわくわくです。

このサービスは現在アメリカ国内のみで、残念ながら日本ではまだリリース
されていないサービス。
しかしSTEMに関する取り組みは日本国内でも始まっていて、「STEM Toysストア
というSTEMに特化したストアを既にオープンしています。
2016年には知育・学習玩具大賞といった、子どもの知育に関する取り組みを積極的に
行なっており、教育ジャンルへの高い関心と市場拡大を期待しているようですね。

いずれにしても「STEM Club」が日本でスタートするのもそう遠くない話しでしょう。

 

毎月届く知育玩具と言えば「学研の科学と学習」

毎月科学系の楽しい知育玩具が届くサービスと言えば、
僕らの世代なら「学研の科学と学習」を思い出す人もいるでしょう。

「まだかなまだかな~♪ 学研の、おばちゃんまだかな~♪」

なんてテレビCMが流れていましたね。
この学研のおばちゃんが毎月、家までおもちゃを届けてくれるという
現在となってはなんとも珍しいシステム!
この科学と学習の現在を調べてみると2010年「学習」が冬号をもって休刊。
「科学」も2010年3月号をもって休刊となっていました。残念・・・
そして値段は30年以上前で毎月500円以内?と恐ろしく安い!
時代は違いますが、Amazonの「STEM Club」と比べると4分のⅠ以下の値段・・・
採算取れてなかったのでは?
それよりも子供の知育を優先しておもちゃを作っていたのかな?

 

最後に

日本国内で「STEM Club」が始まったら是非「アーツブロック」もラインナップに
加えてほしいなと思った次第で、どうやったら食い込めるのか?
STEMに沿った遊び方を提案できたら可能性はあるのかな?

いずれにしても、もっとたくさんの人達にアーツブロックを知ってもらるよう
頑張るしかないんだろうなぁ〜

                                       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です